スーパーファンド・グリーン・ジャパン及びスーパーファンド・グリーン・ゴールド・ジャパンに関する最新情報(2011.11.16)

スーパーファンド・グリーン・ジャパン及びスーパーファンド・グリーン・ゴールド・ジャパンの受益者の皆様へ

 当ファンドに関する最新情報をお知らせ致します。

 当ファンドの管理会社であるスーパーファンド・ジャパン・トレーディング(ケイマン)リミテッドの取締役は、米証券大手MFグローバル(先物ブローカー)に対する破産手続きが2011年10月31日に開始されて以降、マスターファンドの投資顧問会社であるスーパーファンド・キャピタル・マネジメント・インク、法律顧問及び監査法人と協議した結果、MFグローバルのすべての顧客口座が現在、米規制当局によって凍結されており現金化できないこと等、現下の状況に鑑み、当ファンドのマスターファンド(スーパーファンド・グリーンSPC及びスーパーファンド・グリーン・ゴールドSPC)の2011年10月31日付け純資産価額の計算において、MFグローバルに保管されている資産価額をゼロと評価するよう、当ファンドの受託会社であるUBSファンド・サービシズ(ケイマン)リミテッドに指示いたしました。したがって、マスターファンドに全資産を投資する当ファンドの2011年10月31日付け純資産価額は、当該評価の影響を受けることになります。

 当ファンドのサブファンドの資産総額のうち、MFグローバルに現在保管されている資産価額の割合は下記の通りです。

 スーパーファンド・グリーン・ジャパン サブファンドA        4.27%
 スーパーファンド・グリーン・ジャパン サブファンドB        6.41%
 スーパーファンド・グリーン・ジャパン サブファンドC        8.54%
 スーパーファンド・グリーン・ゴールド・ジャパン サブファンドA  4.14%
 スーパーファンド・グリーン・ゴールド・ジャパン サブファンドB  6.21%

 現在、当ファンドのマスターファンドの取引は他の先物ブローカーを通じて正常に運行されており、今後、当ファンドの純資産価額の計算及び購入申込みと買戻し請求は継続されます。当ファンドの管理会社はMFグローバルの状況を継続的に監視し、MFグローバルに保管されている資産の返還のために適切な措置を実施いたします。当ファンドの純資産価額は、各月末の評価日までに取得可能な情報に基づいて再評価されることになります。

 2011年10月31日現在の当ファンドの受益者の皆様につきましては、今回および将来、MFグローバルに保管されている資産価額がゼロ評価又は部分評価の状態で買戻しを行われた場合、その後、当該資産の再評価(資産の返還を受けた場合)により当ファンドの純資産価額が増額した時点で、販売会社を経由してその増額分に相当する持分を現金で返還いたします。

 なお、管理会社の取締役は、本事案について追加の決定を行う場合がございます。管理会社は、受益者の皆様へ最新情報を提供するため最善の努力をいたします。

以 上

【免責事項】
本文書はスーパーファンド・ジャパン・トレーディング(ケイマン)リミテッドからの情報に基づき、スーパーファンド証券株式会社が作成したものです。本文書内のすべての予想値等は11月15日時点での情報に基づくものであり、変更になる可能性があります。

印刷用PDFはこちらをご覧ください。