【ニュース】 スーパーファンド 日本における証券業登録通知の交付を関東財務局より受領

スーパーファンド証券株式会社は、グループが提供するファンドを日本でプロモートして行くと共に、内国販売会社とのタイアップを推し進め、販売網の構築をしていきます。

平成18年7月3日東京 – グローバルに展開するマネージドフューチャーズ・ファンドプロバイダーであるスーパーファンド・グループは、財務省関東財務局により、スーパーファンド証券株式会社が日本において証券業を営むための登録が正式に受理され、7月より営業を開始することを本日公表致します。

登録年月日:  平成18年6月8日

登録番号:    関東財務局長(証)第269号

 

スーパーファンド証券株式会社は、以下の活動を日本で行ってまいります。

- スーパーファンド・グループ提供ファンドのブランド化及びプロモーションを致します。

- 内国販売会社への強固なマーケティングサポート及びファンド情報の提供を行います。

- 日本の投資家のニーズにマッチした投資商品をスーパーファンドが提供する商品を基に組成、ご提案致します。

日本の投資家の皆様には、内国販売パートナー会社を通して、グループ商品をご提供する方針です。

スーパーファンドグループメンバーが管理運営するファンドストラテジーにあるような絶対リターン追求型ファンドへの需要は高く、ここ数年、日本の機関投資家及び個人投資家の代替資産投資への興味は驚くほど強くなっています。詳細にわたる調査の結果、スーパーファンドは日本における代替投資への需要は引き続き拡大していくものと考えています。

日本でのフルサービス体制の確立や証券業登録は、日本市場に対するスーパーファンドのコミットメント及び信頼への表れを示しています。「日本は世界で最高レベルのサービス大国であり、私どももトップレベルのカスタマーサービスを提供すべきことは明らかでした。このようなサービスを提供するには、現地での強い存在感が不可欠です。証券業登録は私たちの目標に向けて重要な一歩であり、長期ビジネス戦略や日本でのビジネスパートナー及び投資家の皆様の信頼を得るためのサポートとなり得るでしょう。」 (スーパーファンド・グループ創立者兼オーナー クリスチャン・バハ)