【ニュース】 マーケット情報(7月)

世界の金融・商品市場は、数週間にわたって総じて値動きの激しい状況が続いています。エネルギー市場は、中近東での政情不安を背景に反発、力強い動きを見せました。米国のインフレ懸念から、金利は不安定な動きを見せており、投資家心理に影を落とす結果となっています。金属は、強い上昇相場から反転、先月にかけ大幅に下落したものの、押し目では水準買いの動きも見られ下支えされました。

結果、多くの市場で高いボラティリィティの動きとなったことから、スーパーファンドのようなトレンドフォロー戦略のパフォーマンスは不芳となっています。