【メディア】 マネージャパンに掲載

マネージャパン9月号に、ヘッジファンドの一例として、弊社のマネージドフューチャーズ・ファンドが取り上げられました。弊社(スーパーファンド証券株式会社)代表取締役取締役社長 土屋泰統が、日本で募集されている「スーパーファンド・ジャパン」をご紹介いたします。

こちらからご覧下さい → 「どんな相場でも絶対リターンが鉄則。ヘッジファンドを個人が買う時代に!」(マネージャパン:2008年9月号)

 

■当記事に記載されているSuperfund Q-AGは、日本国外で発行され、既に新規申込みを終了したファンドです。過去の運用実績は、「Superfund Q-AG」やスーパーファンドの他のファンドから生じる将来の運用成果を保証、示唆、または予想するものではありません。また、日本で募集されているファンド、若しくはそのマスターファンドとは違う商品であることをご理解下さい。■「スーパーファンド・ジャパン」の主な投資対象は値動きのある証券ですので、金利、為替レート、金融/商品先物市場等の価格変動に伴い損失が生じ、投資元本を割り込むおそれがあります。ファンドの運用の損益は全て投資家の皆様に帰属し、従って投資元本が保証されているものではありません。■投資信託等の金融商品は、預金保険機構の保護対象ではありません。■金融商品への投資にはご負担いただく手数料等と各種リスクがあります。お申し込みの際には、必ず投資信託説明書(交付目論見書)で詳細をご確認ください。