金価格との連動

スーパーファンド+金価格

スーパーファンドでは、スーパーファンドの投資戦略(グリーン戦略、ブルー戦略、レッド戦略)と金価格の潜在的な強い上昇の可能性を、単一の投資手法に統合した「金」への新しい投資先を提供しています。有事に強い比較的安全な投資先とされる金と組み合わせることにより、市場環境に関わらず収益の確保を目指します。

 

銀価格との連動

スーパーファンド+銀価格

スーパーファンドでは、スーパーファンドのレッド戦略と銀価格の潜在的な強い上昇の可能性を単一の投資手法に統合したユニークな投資商品を提供しています。銀は貴金属であると同時に、工業用途に強い需要があります。

 
 


インフレに対する防御策

長年にわたり購買力を保護してきた貴金属

金と銀は様々な金融危機に耐え得る資産であるだけではなく、インフレに対する優れた防御策として幅広く認められています。購買力の観点では、通貨と比較して、金と銀はインフレの影響を受けにくいと言われています。金と銀は主に米ドルで取引されて米ドル建ての価格が付けられるため、これらの貴金属の価格の分析や予測では、米ドルを基準通貨として使用します。グラフは、金と銀の購買力を米ドルの購買力と長期間にわたり比較したものです。同期間、金と銀の価格はかなり大きく変動してきましたが、購買力の観点からは数十年にわたる長い下落期間はありませんでした。増加が続く米国の国債と貿易赤字は、米ドルの下落をますます促す要因となっています。その結果、より多くの投資家が安全性を求めて、金と銀に大量の資金を移動する可能性があります。


出典:Bloomberg、期間:1973年1月~2012年12月、グラフ:対数目盛り

 


主な特長

金及び銀との融合

  • 新しい発想の投資手法
    スーパーファンドの投資戦略と金及び銀価格の組み合わせ
  • 長期的な収益機会の可能性
    スーパーファンドの実証済みのトレーディングシステムを利用
  • 不確実な時期の比較的安全な投資先
    金及び銀への投資はインフレや株式市場の下落に対する保護になりうる
  • 貴金属に対する長期的な上昇の可能性
    世界的な希少資源に対する継続的な需要増予想


スーパーファンド・レッド戦略について
スーパーファンド・ブルー戦略について
スーパーファンド・グリーン戦略について

 
 
「スーパーファンドのゴールド・ファンドとシルバー・ファンドは、 21世紀の投資家にとって理想的なファンドです」

スーパーファンドの創立者兼オーナー、クリスチャン・バハ

 

投資先としてのゴールド

7,000年以上の歴史

金の発見は紀元前5,000年まで遡ると言われています。それ以降、金は通貨として取引と価値の保存に用いられました。金は富、価値、安全の象徴です。各国の中央銀行や投資家は、資産価値の保護手段として金を保有しています。

 








ゴールドの希少性

世界の金在庫

世界中でこれまでに採掘されたすべての金(約165,000トン)を集めても、各辺が僅か20立方メートルにしかなりません。世界中の年間採掘量は約2,600トンで、毎年減少しています。

出典:United States Geological Survey(2011年3月)

 






ゴールドの需要

用途

現在、金の約85%は宝飾品、約12%は工業品(電子機器、医療用、光学品)として使用されています。残りの約3%は銀行の金庫に納められています。


出典:U.S. Geological Survey、ワールド・ゴールド・カウンシル(2011年3月)

 







ゴールドの採掘

より難しくコスト高

金は人工的に生産することはできません。またほとんどの未採掘の金は、南アフリカのウィットウォータースランド金鉱床(深さ約4,000メートル)のようなとても深い鉱山に埋蔵されています。


出典: National Geographic(2002年9月)

 

比較的安全な投資先

金融危機時のパフォーマンス

不確実な時期に、金価格は上昇する傾向にあります。下図は、株式(MSCI世界株価指数)が大きなマイナスであった月の金価格を示しています。

出典: Bloomberg

金は依然として世界における究極的な支払い手段です。
極端に言えば、紙幣を使用できないことがあっても、
金は常に受け入れられます。

米国FRB元議長、アラン・グリーンスパン(1999年、米国議会での発言)

 


【重要事項】上記運用実績は、すべての間接費用(申込手数料及び税金は除く)差し引き後の純収益で表しています。過去の運用実績は将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。ファンドは、大幅な市場価格の値動きのある先物及び有価証券等に実質的に投資します。また、円ヘッジ有クラス以外のクラスに投資する場合、為替変動リスク又は金及び銀価格の変動リスクが大きく影響するため、それらの要因より基準価額は大きく変動する可能性があります。したがって、投資元本が保証されたものではありません。ファンドの運用による損益はすべて投資者の皆様に帰属します。お申込みの際には、必ず投資信託説明書(交付目論見書)などの詳細をご確認のうえ、お客様ご自身でご判断ください。

 

免責事項 | 個人情報保護方針 | 勧誘方針 | 最良執行方針 | 重要事項説明書 | 倫理コード | 利益相反管理方針
反社会的勢力に対する基本方針 | 手数料等およびリスクについて | サイトポリシー | 顧客本位の業務運営に関する取組方針

スーパーファンド・ジャパン株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第98号
加入協会 日本証券業協会 日本投資者保護基金 一般社団法人投資信託協会
Copyright© Superfund. All rights reserved.