スーパーファンドの投資哲学

1996年より実証済み

最初のファンドを1996年に設定して以来、スーパーファンドは独自の自動化トレーディング・システムを採用してきました。テクニカル分析を基本とした明確なルールを徹底して適用することが、投資哲学の中核の一部となっています。市場環境に関わらず安定的な収益を目指すには、優れたトレーディング・システム、データ分析とリスク管理の自動化を最重視する必要があります。

スーパーファンドの投資哲学の原点は、次の3つです。

  • システマティック投資戦略
  • 広範な分散投資
  • 厳格なリスク管理

スーパーファンドのファンドは、株式や債券市場、ヘッジファンド等との相関性が低いため、ポートフォリオの分散化に効果があり、市場環境に関わらず比較的低いリスクで長期的リターンを上げる可能性を持っています。取引判断は、事前に定義されたルールに基づき、システムが瞬時に一貫して行うため、人間の感情は投資決定プロセスから排除されます。

次へ
 

免責事項 | 個人情報保護宣言 | 勧誘方針 | 最良執行方針 | 重要事項説明書 | 倫理コード | 利益相反管理方針
反社会的勢力に対する基本方針 | 手数料等およびリスクについて | サイトポリシー

スーパーファンド・ジャパン株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第98号
加入協会 日本証券業協会 日本投資者保護基金 一般社団法人投資信託協会
Copyright© Superfund. All rights reserved.